読書ろぐ

行雲流水、気の向くままに読書した感想

10年つかえるSEOの基本(土居健太郎著) - SEOの入門書としてオススメです

仕事上、BtoCのWEBアプリケーションを作成することがしばしばあります。
サイトを作成・運用していく上で「SEO」が重要なことは理解しつつも、どうにも「SEOって何?」ということがありました。
「前のサイト作成でSEO対策としてこうしたから、今回もこうしよう!」っと思っていたら、「違う違う、SEO対策としてはこうして!」って言われたり。
SEO担当者が違うと対応内容も異なり、「いったい何が正解なんだろう?」と常々思っていました。
こうなったら勉強するしかない!っと思い、「10年つかえるSEOの基本」を読んでみました。
なんとなくSEOのあるべき姿についてわかることができた、良い本でしたのでご紹介したいと思います。

本の概要

「どうすれば,検索されたときにサイトを上位に表示することができるか」
そんなふうに考えているとかえってうまくいかなかったりすること,ご存知ですか?
本書は,すぐに効かなくなってしまうようなテクニックではなく,
「検索エンジンは,どんなことをしようとしているの?」
「SEOって,なんのためのもの?」
といった変わらない“考え方”をおさえることで,目先のトレンドにふりまわされないための基礎が身につく,いちばんやさしいSEOの入門書です。
フルカラーの紙面で,知識ゼロの初心者・すずちゃんと専門家・土居先生のかけあいを追いながら,だれでもたのしくSEOで大事なことがわかります。

業界屈指の実力を誇るヴォラーレのSEO事業責任者・土居健太郎氏による待望のデビュー作!

こんな方におすすめ

  • SEOのいちばんやさしい入門書をお探しの方

  • Web担当者の方

参考元: gihyo.jp

感想

この本に出会えて良かった!とつくづく思えた一冊でした。
実際にどうすればSEO効果が上がるのか?っと実際に使えるテクニックではなく、SEOの根本について解説されています。
この本で解説されていることをベースにして、SEOについて勉強していこう!と思えます。
WEBアプリのシステム開発に携わっている方も、SEOについて正しい理解をするという意味で、読んでみて損はないと思います。

おわりに

この本の中で「Googleが定義する良質なサイト」について紹介がありました。

webmaster-ja.googleblog.com

こちらも読んでみたのですが、最近話題となっているあのサービスはこの定義からいくとまさにNGなんだなと。。。
上記リンクの内容も合わせて読んでみることをオススメします。