読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書ろぐ

行雲流水、気の向くままに読書した感想

蹴球一徹-地域のJクラブを率いる指揮官の矜持 マネイジメント観点でも面白い

自分の応援しているJリーグのチーム「松本山雅」の監督である、「反町康治」監督も登場するということもあり、蹴球一徹という本を読みました。
Jリーグの中の「J2」というカテゴリから「J1」へ地域のクラブを昇格させた実績のある監督について担当記者の視点から書かれた一冊です。
反町康治監督はじめ、小林伸二監督、石崎信弘監督の3監督がフォーカスされています。
Jリーグの一年間のリーグ戦を「プロジェクト」と考えると、監督は「プロジェクトマネージャ」といったところでしょうか。
ちょっと違う角度から読んでみても面白い一冊でしたので、ご紹介したいと思います。

本の紹介

蹴球一徹 地域のJクラブを率いる指揮官の矜持

  • 反町康治監督

  • 小林伸二監督

  • 石﨑信弘監督

内容

過去3度のJ1昇格経験のある3監督が、2016シーズン、そろって4度目の昇格を目指し、J2を戦う。
反町康治、小林伸二、石﨑信弘。
彼らはピッチ内はもちろん、ピッチ外ではサポーターや地元とのつながりを大切にし、その地域にJを根付かせようとたゆまぬ努力を続けてきた。
そんな共通項を持つ3監督の足跡は、いわば“J2"の歴史であり、地方クラブの成長の軌跡でもある。
では、彼らは過去、どのような決断をし、戦ってきたのか。密着取材してきた記者たちが、それぞれの時代を掘り起し、その素顔と指導の真髄に迫る。

目次

  • 第1章 反町康治(「あれはウソ泣きじゃないよ」;アルビレックスの成長、指揮官の進化;内に秘めた熱と情 ほか)

  • 第2章 小林伸二(大分にて、Jクラブ指揮官としての第一歩;崩壊したチームを立て直した手腕;クラブの悲願・昇格に向けて ほか)

  • 第3章 石崎信弘(広島のサッカー、その源流;変わらぬ信念を育んだ時代背景;二度の現役復帰と三度の引退 ほか)

出版情報

出版元:サッカー新聞エルゴラッソ (ELGOLAZO BOOKS)

発行:2016/2/24

参考元:

www.kinokuniya.co.jp

感想

地域密着に成功し、Jリーグのトップカテゴリである「J1」へ昇格させた実績のある監督達。

  • Jリーグのリーグ戦:「プロジェクト」

  • チームの監督:「プロジェクトマネージャ」

  • チームの中心選手:「プロジェクトリーダ」

  • チームの選手:「プロジェクトメンバー」

  • ファン・サポーター:「お客様」

このように考えてみると、「プロジェクトマネージャ」の働きぶりについて担当記者の視点で書かれた一冊になります。
担当記者は「PMO」といったところでしょうか。
こう考えて読んでみると、どうお客様と接することで信頼を獲得し、プロジェクトのゴールである「J1昇格」を成し遂げたのか、PMOの視点から考察していると読めます。

角度を変えて読んでみたのですが、監督の働きぶりに対してもの凄く参考になるようなことがありました。
なかなか奥が深かったです。
スポーツ好きな方はちょっと角度を変えてみて読んでみると楽しいかもしれません。

サッカー視点で読んだ感想

普通に「サッカーの本」として読んだ感想もブログにしています。こちらをご覧いただければ幸いです。

yamaga.tabolog.net

おわりに

あとがきに担当記者さんの言葉があるのですが、次のような言葉がありました。

  • 同じ時間を共有できたことは財産だ

自分も人と人とのコミュニケーションを通して何かを作る身として、こんな言葉をかけてもらえるよう仕事に取り組みたいなと思いました。

読書って人により捉え方が変わったり、同じ人でも読み方によって違う見方ができたりと楽しいですね♪